東成区医師会会長 中村正廣
 
 少子超高齢化社会に入りました東成区民の皆さんの健康や病気に対して、医師会の「かかりつけ医」が果たす役割は大変重要な課題です。

 区民の皆さんの方が「かかりつけ医」を持つための「地域医療連携室」を東成区医師会内に設置しています。

 住み慣れた地域で、自分らしく最後まで(エイジング・イン・プレイス)を東成区民の皆様は望んでおられます。安心して暮らし続けるための地域医療を担う当区の診療所や病院は、区内での地域完結型を目指して、病院と診療所の連携をさらに強化し、介護・保健などの多職種の方々と共に、皆様方の通院や在宅医療・療養の充実を推進してまいります。そのために「在宅医療連携拠点室」を医師会内に立ち上げました。